リングのお手入れをめぐってきました。

以前に一目ぼれしたエタニティリング。指輪やリングの結婚ジュエリーをメインに取り回しやるジュエリー仕事場として、ビビッ!と思いオシャレ照準に購入しました。残念ながらボクは結婚ではないので、普段ならダイヤモンドもりもりのところをところどころ大好きなサファイヤとして、幾らかフレッシュ発想が出てるのがとりわけお気に入りです。
で、そのリングなんですが、以前どこでだったかきつくツボをぶつけてしまったことがあって、その時にポッキリリングをしている指をピンポイントで強打してしまいました。特に幸いにもツボはちょっと痛い、ほどだんだのですが、面倒はお気に入りのリングだ。創傷ができてないかな〜と思いながらチェックしてみると、ほんとに流石ちょっとした創傷がありました。しかもそれだけでなく、宝石の、しかも執着心のサフャイヤのツメがゆがんだらしく…ふと台座に対して余裕があるような状況に…。
ここで取り去れもしたら後で泣くのは目に見えていますので、即効で購入したジュエリー仕事場に運び込みました。
仕事場の働き手は、なるほどそういったのよくあるんですよ〜思い切り気づかれましたね、といった軽々しい感じで対応してくれました。その上で、修復料金はいらないので、また1ウィークほどして奪い取りに来てくださいね、と言ってくれました。さらっと対応してくれたのが、ボクにとっては危惧を煽られない感じでずいぶん安心できました。
便宜上修復に出したので、心配がなくなってほっとしてます。また直ったくらいにとりにいって、ついでにジュエリーを見てこようとしてます。